関西関節鏡・膝研究会
contents
Top page
関西関節鏡・膝研究会誌−Online Journal
会長挨拶 本研究会について 会則
会長一覧 幹事名簿 入会案内
研究会誌投稿規定 次回研究会のお知らせ 関連学会・研究会のご案内
第31回関西関節鏡・膝研究会の開催にあたって
第31回関西関節鏡・膝研究会 会長 黒田 良祐 会長
このたび第31回関西関節鏡・膝研究会会長にご指名いただき、誠に光栄に存じております。
会は平成31年3月9日(土)に例年通り大阪中之島のリーガロイヤルNCBにて開催させていただきます。本研究会は、関節鏡ならびに膝関節研究の進歩・発展を図ることを目的に1989年設立され、その研究発表や討論は、日本ばかりでなく世界の関節鏡ならびに膝関節研究の進歩をも牽引し、その発展に大きく貢献するものでありました。私は第31回、第32回の2年にわたり会長を拝命致しております。本会がさらなる膝関節研究の進歩、発展に寄与する研究会となりますよう鋭意準備致しますので、何卒宜しくお願い申し上げます。
さて、第31回本会は、例年通り午前中に一般演題を行い、午後からの特別講演では産業医科大学若松病院整形外科 内田宗志教授をお迎えし、「股関節鏡視下手術の進歩と今後の展望 “Where we are and what's ahead”」と題し最新の股関節鏡視下手術についてご講演いただきます。またシンポジウムでは『ACL再建術の現状と展望』と題しまして、各大学から新進気鋭の若手医師に最新のACL再建術に関するエビデンスを発信していただきます。一般演題も含めましてACL再建術のさらなる発展に繋がればと期待しております。本研究会によって、膝関節・関節鏡の現状と未来を深く、そして熱くディスカッションができれば幸甚です。 多くの先生方のご参加と活発なご討議を期待しております。何卒よろしくお願い申し上げます。
Copyright 2003 Kansai Artroscopy and Knee Society